2006年6月11日 (日)

脱線ついでに

話が脱線したついでに、ボーナスについでマネーの話題でしがないサラリーマンが少しでも富を増やす方法をいろいろ考えているところ・・・最近話題のFX(外国為替保証金取引)を調べているところで、バーチャルゲームをやっています。自分はまったくの素人で最近、FXということを知ったくらいなので、初心者ともいえないくらいです。海外の通貨を買ってレートの上がり下がりを見て売り買いしその差を利益とする金融取引。保証金取引というのがポイントで取引には実際の金額は必要なく保証金を用意して小さなお金で大きなお金を動かして利益を得る、株の信用取引のようなもので、以外にリスクが高いと感じる。バーチャルゲームなのであまり緊張感なくできるが、これが実際自分のお金でリスクをとってできるかといったら気の小さい私には無理と思った。取引の仕方に閾値を設けて大損しないような制御をかけられるようだが、レートの上がり下がりが気になって仕事どころではなくなる。しがないサラリーマンにはとても無理な話であります。やはりしがないサラリーマンは汗水流して働くのが一番安心するのです。投資の手段としてFXを否定しているわけではなく、銀行預金や郵便預金のように万人ができることではなく、リスクを理解して世界市場を理解して状況を判断し冷静に対処できることが必要と思います。

マイナスイメージだけを伝えるのは良くないと思うので、具体的なところで、バーチャルゲームで十数回の取引をして1万2千円の利益を上げています。主に米ドルと円での取引をしてみました。1回の取引で2万ドルを買って利益は手数料引いて3,000円程度。1万ドルの取引をするには保証金が20万円必要なので1回の利益率は0.015となる。2週間で20万の保証金を回して1万2千円の利益。銀行に預けるより効率は確かにずっとよいと思います。但しゲームなので精神的負担がまったくないので、これを実際にリスクをおって取引する自信は私にはないと感じています。世界市場と世界経済を学ぶということでバーチャルゲームを楽しんでやるには私にはいいかと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)